クッチャロ湖〜ピヤシリ林道〜名寄〜比布〜サロマ湖




 前夜、酒を飲みながらSHOさんと一緒に「林道を走ろう」ってことに決めました!検討の結果、オフロードライダーの聖地的な場所と言われ、大パノラマを誇る函岳を目指すことに。


 早朝に朝食を済ませ撤収。7時頃に出発するものの、ガソリンスタンドが開店していずに約30分の足止め・・・。ここのレギュラーガソリンはLITER¥150!
 それでも寄り道はします(笑)
 遊びもします(爆)
 本日も晴天なり♪
 北オホーツク道立自然公園にて
 千畳岩にて二人で遊ぶ
 天の川トンネル付近のトイレにてクワガタ発見!
 『函岳レーダー道路』を目指し、『美深歌登大規模林道』に入るが、、。
 9月30日まで工事通行止めの案内看板が・・・。
 函岳は諦めて、次は『ピヤシリ林道』を目指します。
 渓流釣りの釣り人の姿をチラホラ見かけて、SHOさんが「ここで釣ってみたら」って止まってくれました。実はσ(^^)今回釣り道具持参です。
 お言葉に甘えてチョコッと竿を出す。
 う〜ん浅瀬&ボサ川は手強いです。
 釣果はボウズ!気を取り直して出発。
 『奥幌内本流林道』の入り口に到着
 入り口には登山者カードならぬ林道者カードが!「熊が出没していますご注意下さい」の看板にも緊張させられます。
 入り口は凸凹を直したフラットなジャリダート。
  やっぱりウキウキしますね、イェィ!
 進むと『竜門の滝』の案内板がありました。
 当然寄り道します。
 素晴しい滝です♪
 カメラに全体が収まらなかったのが残念ですが、この滝は地元の方が大切に管理されているそうです。他にも訪れてきた道内の観光旅行の方に「良い場所に来ましたね」って褒められました(^^)v
 再びピヤシリ林道を目指す。
 林道脇の草も多くなり轍走行に徹する。
 途中三叉路で『ピアシリ湿原入り口』の看板を見つけて、そちらへ向う。
 道もジャリではなく小さな石に変わります。
 開いたゲート前にてSHOさんが歩いて下見に向う。
「大丈夫さっきより楽」の言葉に騙されて、、、(笑)
 先に進むと急登坂!しかもガレた石が乾いた土の上に浮いています。
 なんとかよじ登って後ろを振り向くと、SHOさん?
 やっちゃってました!怪我も故障もなく、笑えるレベルの転倒です。
 なんとか二人がかりで上まで車輌を運んで、、チカレタね・・・・。
 登ったところは原生林の素晴しい景色が。
 大きな樹が道の中に生えています。
 こんな感じの樹も
 山登りしている気分。看板には鳥獣保護区とありました。
 勲章?丈夫な車輌です。
 画像では分かり難いが、先の下りもかなり急坂。
 道もBigOffでは手強そうです。
 ここがピアシリ湿原?先はどうなっているのか分からないので、ここで引き返すことに。
 SHOさんのやっちゃった坂の下りを、なんとかクリアして一安心。 
 再び三叉路に戻ります。
 もう一方の林道を直進。
 素晴しく開けた場所に出る。
 ここで記念撮影。
 SHOさんノッています(^^)v
 途中何匹もキツネを見かけました。
林道は深ジャリに。
 林から覗ける景色も素晴しい。
 下ったところには『砂金川線』の看板が!いったいどこに下りたんだ??砂金採れるの???
 更に進んで舗装路に出るとこの看板!う〜ん、どこ走ったんでしょ?ピヤシリ林道で名寄に出る予定が、美深の手前県道49号に出たみたいです・・・。
 キレイな雲だったので、また道草。
 そういえば今回同じ車輌と走ったのは初めてでした。
 今回はキャリアにカブからリアボックスを付けて来て大正解でした。でもヘプコのアルミケースには負けるか・・・(笑)
 美深の『井上食堂』にて冷やしラーメンを食べる。
この時にニュースで新潟で地震(中越沖地震)があったことを知る。驚いてアーパースさんに連絡してみたら、ツーリング中でした(^_^;)他の仲間内も被害がなかったみたいなので一安心。
 食後のデザートにソフトクリームをいただく。私はLサイズ、SHOさんは画像の2Lサイズ。十分デカイですが、6Lサイズまでメニューにありました!6Lってどんなんだろう?
 ここで3日間お供したSHOさんとお別れ(ToT)/~~~
ひとり道東を目指します。
 美深から退屈なR40を通って比布へ。そこから現在通行料無料の旭川紋別自動車道を使用するなどして、サロマ湖畔へ夕暮れに到着。
 また夕飯が・・・暗くなるギリギリのサイト到着でした。
キャンプ場は『キムアネップ岬キャンプ場』無料です。
 サロマ湖畔でも素晴しい夕日が眺められました♪
 結局この日の夕食はコンビニで買ったこれ!お店閉まっているんだもん。でも食べたかった『やきそば弁当』だからいいか(^_^;)





TOP 次へ


広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー