【田代〜田代相馬林道〜岩木山〜黒石〜奥八九郎温泉〜ピクニック広場】




 今回のツーリングの最大イベントの日です。白神山地の東端の林道を抜けて青森側に抜ける予定なのだが、事前の調査ではかなり荒れているらしい。前日に同じキャンプ場に宿泊のXR250Baja乗りの方と情報交換したら「自分のマップルには大荒れと書いてあるのでパスしました」と・・・。

 晴天なので、とりあえず林道に入ることにする。今回はヤバそうな匂いのする林道なので、タンクのガソリンも抑えて、荷物はトップケースに携帯食料と水、簡単なメンテナンス道具と風呂道具だけを積んで出発。
 キャンプ場から少し走って林道の入り口に到着。早口林道起点との表示あり。
 林道入り口付近の渓流、笹濁りがそそります(笑)
 入り口付近は整備されたキレイな林道です。
 隧道を抜けて高度を上げていく。
 砂防堰堤、水量が多いです。
 砂防堰堤近くにある湧き水。持ってきたペットボトルのお茶を捨てて入れ替える。
 早口ダムこのダムの左側を抜けていきます。
 崩れては直されているみたいですね。
 林野庁の看板も立派なものです。
 奥まってくると荒れてきました。
 前日までの雨も影響しています。
 峰越林道田代相馬線
 道幅も狭くなってくる。
 浅瀬だけど、路面いっぱいに水が川のように流れている。
 開けた場所で(^。^)y-.。o○
 林道脇の谷はかなり深い!こんなことして遊んでいて、ヘルメット落としたらシャレにならないだろうな(^_^;)
 なぜ林道を走るのか?
こんな風景があるからです(キッパリ)
 ヌタヌタ路面
 橋の上の水たまり
 上荒沢→の表示あり、進む林道は左側なのだが、荒れている。
 →はロケット燃料試験場と山瀬ダムの表示。これも荒れている左へ進む・・・。
 結構深い溝もありました。
 岩木山展望台で(-。-)y-゜゜゜
 樹木の間から望む岩木山の素晴らしい眺め。
 青森側は林道整備していませんね・・・。ハンドルの両側に草が当りますって、走るラインを真ん中にしか取れないし・・・。
 沼?と思わせるような箇所出現!!
「ここは林道で、水の下は道だ」と自分に言い聞かせて突入!かなり深かったが無事通過。
 ここまで来て車両通行止はないだろ・・・。
 水たまりが続く。
 川?と思わせる箇所出現(笑)結構勾配もキツイです。
 用水路並みの溝出現!このような溝が暫く続く。
 栃の実が林道脇にたくさん落ちていた。
 ようやく楽になった路面、ゴールは近いな。
 青森側の入口には西股川林道と表示してある。
 無事に走破(^^)v
今までGSで走った林道の中では難易度1位にランクインするダートでした。
 林道を下りた近くのJAで嶽産の『ゆできみ』なるものを購入して食べたら、甘くてビックリな美味さでした。
 予定より時間が余ったので、津軽岩木山スカイラインに入る。
 二輪車¥1,000の有料道路です。
 69個のコーナーを経て、一気に岩木山8合目まで駆け上がる。
 ここも素晴らしい展望でした。
 岩木山山頂までは、リフトを使ってアクセスできるみたいだがパス。
 この道楽しいです。走り屋さんならたまらないでしょうね。
 フジツボ君の望む先は、先ほど通過してきた林道かな?
 岩木山一周ルートを少し近道をしようとしたら、こんな道でした(^_^;)
 農免道路 長平・第二松代線↑との看板を進む。
 昼飯に黒石のつゆ焼きそばを食べようと黒石に向かうつもりが、適当に向かっていたため弘前に出てしまう・・・。弘前城の横を通って文化センターのこの銅像に路上から挨拶(笑)
 黒石の『親方ラーメン』に到着。
 注文するのは、もちろん名物です。
 見た目はラーメンっぽい感じだが、ソースの香りとダシの香りが混ざって美味しい♪量もたくさんで、値段もリーズナブル。どことなくローメンの匂いがするのは気のせいか?
 黒石から東北自動車道を使って小坂まで行き、R282で奥八九郎温泉を目指すが、調べていた地図と場所が違う!農作業中のオジサンに場所を聞いて、やっと看板のある林道入口に到達。この林道を2,7km入った場所に目指す温泉はあります。途中材木を積むトラックが林道いっぱいに止めてある横をすり抜けました。
 奥八九郎温泉に到着♪
想像以上に雰囲気があります。
 お湯が流れ込んで湯船風になっている穴がいくつもあります。夏場はアブが大量発生するらしいが、アブは影もない。また秘湯マニアの間では人気なので、時期によっては入浴待ちになることもあるらしい。
 スノコなどが用意されていて「さぁ浸かるか」の状態なのだが・・・。
 大学生が湯質と土壌の検査をしていました!
 女子大生も二人いるし、さすがの自分もここで裸になる勇気がない(^_^;)シュワシュワと身体にまとわりつく炭酸泉らしいので、非常に惜しかったが、手だけで入浴(笑)
 夕方近かったので、検査を拝見しながら色々と大学生と談笑した後に帰る事にする。
 ここまでの林道アクセスは深砂利ダートでした。機種によってはロードバイクでも温泉まで辿り着けるだろうが、スポーツタイプは止めておいた方が無難でしょう。
 この赤い鳥居が林道入口への目印です。
 キャンプ場に帰着。
今回初めて経験したが、ベースキャンプって良いですね。何もしなくても寝る場所があります。
 キャンプ場近くにあるつけ麺のお店にイン。かなり人気のあるお店らしく満席状態でお客が並んでいました。
 うまい!今までつけ麺ってあまり好きじゃなかったけど、ここのは非常に美味かった。しかし麺食が続いたので、明日から飯を食おうと心に誓いました。

 




TOP 次へ


広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー