枝幸〜函岳〜美深〜名寄〜下川〜愛別〜三国峠〜留萌 




 この日のメインは、前回shoさんと訪れた時に「通行止」で入れなかった函岳へ続く林道の走行。その後は適当に食い物とキャンプ場を探しながらのパターン。

7月17日(10日目)
 朝早くにウスタイベ岬を出発。
 天の川トンネル手前に到着。
 前回ここでクワガタを見つけたな、、とトイレ周辺を探したら、今回も見つけた!
 前回はトンネルを越えてからの旧ダートから入ったので、今回は手前から入ってみる。
 ジャリダートに突入。
 旧道との合流から、少し旧道に入ってみる。合流ポイント近くにある徳志別林道はゲートがガッチリ!
 旧道から戻って、白樺並木を気持ちよく進む。
 場所によっては砂利が深い!
 林道初心者には最適な林道かも?オンロードバイクでもOKかな??
 遭難多発地帯!!
 道脇には花がイッパイ咲いていた。
 加須美峠近く。
 歌登方面から走って、分岐発見。向こう側に看板があるので覗いてみると。
 こんな看板が!歌登方面から来ても分かりやすいように設置してほしい。
 で、、ここから函岳へ。
 路面は変わらず、超フラットのジャリダート。
 函岳レーダー道路の真ん中にあった看板。
 終点に到着。
 が、、、真っ白@@
 とりあえず避難小屋に入ってみると、ゲートを抜けたところに、こんな風景があるみたいだ。
 ガスが晴れるのを期待して、7年前のツーリングマップルRで次の行き先を決めながら時間を潰す。このマップルは今回でお役御免だな。
 暫く待ったが、晴れそうにもないので、とりあえずゲートを抜けてみる。
 ここが函岳の頂上か!
 ケルンの先も真っ白@@
 と、、ガスが!
 晴れてきた♪
 こりゃ期待できる。
 日差しも出てきた。
 山頂周囲だけだが、バッチリ♪
 晴天なら海まで見渡せるそうだ。
 レーダー基地もクッキリ。
 歩いてゲートまで戻る。
 少し前はバイクから避難小屋も見えないほどの霧だったのだが。
 ここまで視界が開けた。これだけでも大満足。
 レーダー道路を戻る。
 ここも往路より視界が開けた。
 ドーンと真っ直ぐな北海道らしい林道。
 晴天だったら本当に凄い景色なんだろうな?
 再び加須美峠に出て、美深方面へ。
 恒例のラワン蕗?と、、今回はバイクでやっておこう。
 林道出口付近。
 林道出口の看板。この林道は美深方面から入る方が一般的みたいで、看板も分かりやすい。ただどちらから入ってもロケーションや走行に関して大した違いはない。
 林道走行後、名寄から下川方面に向かって、牧草畑の中にあるここでランチ。
 レストラン&カフェ モレーナ
 外も中も雰囲気最高。加えてご主人も最高!ご主人は松本の出身ということで、話題も盛り上がりました。
 ご主人お薦めのトマトと挽き肉のカレーを頂く。素朴だが、すごく美味しかった。
 札幌の忍ちゃんのお土産にひとつ購入。
 下川町から岩尾内ダムを経由して愛別へ。
 北海道では珍しくもない光景だが、道脇からキタキツネ出現。
 カメラを向けても逃げる様子が全くない。
 愛別から層雲峡へ。
 層雲峡から三国峠へ到着。ここで稚内のノシャップ岬や利尻島でお喋りしたライダーさん達と遭遇。帯広方面から来たそうだが、下は土砂降りの雨だったとか!自分はこれから川渡りして岩間温泉に浸かって糠平辺りでキャンプしようと思っている旨を伝えたら「あの降りじゃ川渡りは止めた方が良い」とのことだった。
 まぁとりあえず、糠平に下りて鹿の湯にでも入ろうかな?と考えながら樹海ロードを下りはじめたら大粒の雨が!!!雨具を装着するのも面倒なので、慌てて三国峠を晴れていた層雲峡方面に引き返す。
 大雪防災ステーションにて、札幌の忍ちゃんから「今夜から家に泊まれば」のメールが入っていたので、天気を確認したら「道東&道央の天気はかなり不安定」の情報を頂き、日本海方面に逃げることに決定。
 で、、一気に日本海方面に走り、留萌の黄金岬へ。夕日が沈む前に到着して良かった♪
 テントを張っている方々が多かったので。
 今日はこの道脇でキャンプ。ここはキャンプ場なのかな?
  ファミリーキャンパーも大勢いたが、夜になったらライダーと自動車泊の方だけになった。
 テントの設営を終えてから、留萌市内で飯を食おうと歩いている道の人に尋ねたら「地元では食道園が一番人気」だと教えてくれたので、迷わずここへ。
 ジャージャー麺とタコザンギを頂く。確かに美味かったが、あとから調べたら「蛇の目寿司」というお店の選択もあったかな?

 




TOP 次へ


広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー